VIPブログ擁護すべく法例を漁ったら… – 著作権法侵害の危険性大

(date 06/06/01 00:21 )
ちょっとだけ、加筆修正した。
 
 
 
ひさびさに、ひろゆきメルマガがきた。
VIP系ブログのことすこしは書いてるのかなーと思ったら・・・さっぱりスルーw
まあ、そんなもんだよね。
 
そんなこんなで、いまや祭りと仮している
VIPPER VS VIP連合
一部ではホロン部の陰謀ともいわれているこの祭り。
 
で、ですね。
 
僕はVIP系ブログを癒しとして毎日チェックしているわけですが、いまのこの状況。
僕の知る限りでは、7つが閉鎖。。お、、俺の娯楽がーーーー
 
というわけで、擁護するべく、
学校で法例を漁る(LEX/DBインターネット TKC法律情報データベース)俺。
そしたら、友人からメールが。
「焼き腐ちたネタの荒野から再び新たなネタが芽吹くさ。俺たちの使命はそれをいち早く察知してプロデュースすること、これからどういう結末になるかは興味があるが、旬のすぎたブログ自体にはなんら興味ない。」
……たしかに。
他人事に判例集漁るとか俺バカだね。。。
しかも、判例5つみつけて印刷したら、4つ違うの印刷してたし。。。
会員たる地位確認等請求事件?……関係ねー(涙
 
とりあえず、1つだけ。関係が深い判例だったので紹介。
といっても、内容全部書くとか無理なので(A46枚分)、要約するけど。
 
 
最初に、注:
僕はただの、機械システム系の学生であり、法律はまったくの素人ですので、
僕の見解をあまり鵜呑みにはしないでください。
あくまで、素人による、過去の判例および法律を基にした個人的見解です。
 
 
著作権侵害差止等請求事件
東京地裁平成13年(ワ)第22066号
平成14年4月15日判決
 
裁判の主旨は、
・掲示板の書き込みに著作権はあるのか
ってこと。
 
で、それに対する判決は、
 
著作権法による保護の対象となる著作物は、
「思想または感情を創作的に表現したものである」ことが必要である。
単なる事実をそのまま記述したような場合はこれにあたらない。
ただし、事実を素材にしていても、
筆者の事実に対する何らかの評価、意見等が表現されていれば、それは著作物である、とのこと。
また、「創作的に表現したもの」というためには、
筆者の何らかの個性が発揮されていれば足りるのであって、
厳密な意味で、創造性が発揮されたものであることまでは必要ない。
ただし、言語からなる作品において、ごく短いものであったり、表現形式に制約があるため、
ほかの表現が想定できない場合や、表現が平凡かつありふれたものである場合には、
筆者の個性が現れていないものとして、創作的な表現であると解することはできない。
 
とのこと。
 
だからまあ、
 
「バロスwwwwwwww」とか「糞スレかと思ったのに・・・」とかは著作権はないけども、
著作権を有するということになるね。
 
まあ、だいたいのカキコが著作権を有するということになるわけだ。
 
 
ということはですよ。
どういう行為が著作権法違反になるか、ってのが争点となると思う。
 
 
とうぜん、著作権を有するものを転載し、それによって金をもうけた場合、
つまり、「営利目的」で転載した場合は、明らかな著作権法違反となる。
だから、えっとなんだっけ。。あの厨房向けな雑誌の名前を忘れた。。。。
とりあえず、あの雑誌に載ってた文章は、ヤバいのではないかと思う。
あれを元に訴えられる可能性も無きにしも非ずでは。。。
 
 
じゃあ、「営利目的」ではない転載の場合はどうなのだろうか。
「営利目的」じゃなきゃ良いんじゃないのー?と思うでしょ。
実際、俺も思ってた。
でも!!そうじゃないらしい。
 
非営利であっても、無断転載は、
法に抵触する恐れがあるらしい。
・・・頭いてえ(汗
 
公衆送信っていうのは、
写真や文章のような著作物をWebサイトにアップロードするなどして、
だれにでも閲覧が可能な状況にすること。
 
つまりは、VIP系ブログの行為は、この公衆送信に当てはまる。
 
で、著作権物における公衆送信は、
送信可能化権についての許諾、つまりはインターネットで公開しても良いですよー、
という許可を著作権保有者に対して得る必要がある。
 
てことはですよ!!!
VIPPERの総意として、転載の許可が得られない場合は、
著作権法侵害(公衆送信権に抵触)ということになるんじゃねえの!?
現状におけるVIPPERの総意は図りかねるけども、非常にまずい状態であることは否めない。
 
 
結論:
VIP系ブログの行為は、現状においては著作権法違反となる。
(∵VIPPERが転載行為を否定している時点で、送信可能化権の許諾はありえないから)
 
 
 
 
ちなみに、著作権って、調べてみると、知らなかったことばかり。。。
はっきりいって、みんな1度は知らず知らずのうちに著作権を侵害してると思う。。
 
 
 
参考:
 
 
 
ちょっぴり中途半端な調べ具合ですみません。。。
定期試験期間なのですよ。。本来遊んでる場合じゃないのですよ。。。
 
 
(追記 date 06/06/01 09:18 学校のパソコンより)
 
肝心のこと書くの忘れてた!!!
 
これじゃぜんぜん擁護してねえじゃん、否定派じゃん!みたいなね。
 
ちゃうねん、、画期的名案を、争いに終止符を打つような名案を考えててん。
で、それを書こうと思って・・・・・・忘れてたorz
 
とりあえず、今講義そっちのけで書いてるわけなので、要点だけ書いといて、帰ってからkwsk
 
 
争いに終止符を打つ素晴らしー解決策:
 
 
上述したように、書き込まれた内容に関する著作権は、書き込んだ当人に帰属する。
ということは、書き込んだ当人に対して、送信可能化権の許諾を得られれば良いわけだ。
 
では、どうやって承認を得るか。
大きく分けて方法は2つ。
 
事前承諾と事後承諾ということになる。
 
・事前承諾制
方法としては、
 
・2チャンネルの投稿情報に、公衆送信を許すか否かを明示する情報を付加する
・一回VIPで投票みたいなのをして公衆送信に関しての総意を確認して、規約として立場を明示する
 
など。
ほかにも数種考えられるけど、事前承諾を得るには、2チャンネル管理側の協力が不可欠となる。
この件に関して、2チャンネル管理側は否定的だし、現実問題として、事前承諾は困難かもしれん。
 
・事後承諾制
そこで、事後承諾制を提唱します!!
事後承諾制とは具体的にどうするか。
事前に送信可能化権の許諾を得ることが困難であるので、まずは現状のように、転載する。
そこで、カキコした当人が、転載を嫌だ、と思った場合、
(転載した)管理人に対して、削除申請をする、ということ。
2チャンネルの書き込みには、それぞれハッシュ値が付いてるわけだから、
それによって当人であるかどうかを判別できる。
だから、ハッシュを用いた、削除申請システムを作ればいい。
これによって、著作権侵害を防ぐことができるんじゃないかと。
 
 
 
というわけで、事後承諾制で万事解決じゃね?
 
 
さらに言及しとくと、現状として批判しているやつはまったく関係のないやつばっか。
書き込んだ当人が(著作権云々に関して)文句を言うのはわかるけど、
大多数がただ祭りに興じてるだけ。
そういうのはどうかと思う。
もう少しみんな冷静になって、合理的解決を望むべきなんじゃないでしょうか。
 
 
 
急いで書いたから文章推敲とかまったくしてない。。。
帰ったらまた書き直す、と思う。
 
 
カテゴリー: 日記 パーマリンク