日録 – 08/26 –

 

TBS放送免許剥奪陳情署名ページを開く

 
署名、順調なようですね。
一日100件程度のペースで増えていってるようだ。

 

俺は常々Kasperskyを薦めているけど、やはり言うだけより実際に数値を見たほうが納得できる。
というわけで、すごくまとまった良いデータがあったので、以下に示す。
 
■====================================================================■
   お使いのアンチウイルスソフトの安全度
■====================================================================■
アンチウイルスソフトの安全度を知る指標として、
「検知率」というデータがあるのをご存知でしょうか?
検知率とは、任意に与えられた悪性コードのサンプルのうち、
ある特定のアンチウイルスソフトについて、
それらの悪性コードを実際にいくつ悪性コードとして認識するかの割合を示したものです。
■ 実際の検知率
世界中で様々な機関や団体によって検知率が計測されています。
サンプルの集め方や数、種類がそれぞれの実験によって異なるため、
発表されるデータには多少のばらつきがみられます。
ここでは、代表的な2つの団体が公表しているデータのうち、
主な製品についての検知率を元に、各アンチウイルスソフトが検知できなかった悪性コードの数を計算してみました。
 ◎ AV-Comparatives(http://www.av-comparatives.org/
  公表時期:2006年2月 サンプル数:243,671個
 ・Kaspersky Labs(カスペルスキー) 検知率99.57% 検知漏れ数1,044個
 ・ESET(NOD32)           検知率97.89% 検知漏れ数5,148個
 ・Symantec(シマンテック)     検知率97.61% 検知漏れ数5,816個
 ・McAfee(マカフィー)       検知率96.41% 検知漏れ数8,737個
 ◎ VIRUS.GR(http://www.virus.gr/
  公表時期:2005年12月 サンプル数:113,334個
 ・Kaspersky(カスペルスキー)    検知率99.46% 検知漏れ数612個
 ・McAfee(マカフィー)       検知率94.80% 検知漏れ数5,893個
 ・NOD32(ESET)           検知率88.79% 検知漏れ数12,704個
 ・Norton(Symmantec)        検知率85.17% 検知漏れ数16,807個
 ・PC-Cillin(トレンドマイクロ)   検知率77.84% 検知漏れ数25,114個
検知率が少し違うだけで検知漏れ(=防御不能)となる悪性コードの数が非常に多くなることがおわかりいただけるかと思います。
※AV-Comparativesの検知漏れ数はサンプル数と検知数から計算したものです。
※VIRUS.GRの検知漏れ数はサンプル数と検知率から計算したものです。
※上記データの各ベンダ名および製品名は略称です。
括弧内には日本国内で認識されているベンダ名や製品名あるいはそれらの略称を記載しています。
それぞれの正確な名称については各Webサイトにて直接ご確認ください。
※上記データは各機関が当時のサンプルについての調査結果を公表しているものあるいはそれらに基づく計算結果です。
詳細については各Webサイトにて直接ご確認ください。
■ 10個の異なる悪性コードに遭遇した場合
仮に、あるコンピュータにあるアンチウイルスソフトがインストールされていて、
10個のランダムに異なる種類の悪性コード(ウイルス・スパイウェア)に遭遇する場合を考えて見ましょう。
 ◎ 検知率99.9%のアンチウイルスソフトの場合
  ⇒ 実際にどれかの悪性コードに感染してしまう確率は約0.996%
 ◎ 検知率99%のアンチウイルスソフトの場合
  ⇒ 実際にどれかの悪性コードに感染してしまう確率は約9.562%
 ◎ 検知率98%のアンチウイルスソフトの場合
  ⇒ 実際にどれかの悪性コードに感染してしまう確率は約18.293%
 ◎ 検知率95%のアンチウイルスソフトの場合
  ⇒ 実際にどれかの悪性コードに感染してしまう確率は約40.126%
 ◎ 検知率90%のアンチウイルスソフトの場合
  ⇒ 実際にどれかの悪性コードに感染してしまう確率は約65.132%
 ◎ 検知率80%のアンチウイルスソフトの場合
  ⇒ 実際にどれかの悪性コードに感染してしまう確率は約89.263%
このようにして考えると、検知率が少し下がるだけで格段に安全度が低くなることがおわかりいただけるかと思います。
(株式会社ライフボード ライフボート・エクスプレス<No.60>より引用)
というわけで、俺はKasperskyをバリバリにお薦めします。
んで、いつの間にか、Kasperskyインターネットセキュリティ(ファイアーウォールも含めた総合セキュリティ対策パッケージ)の日本語版も出ているようだ。
俺が買ったときは、Kasperskyアンチウイルスしか日本語版なかったんだよね。
まあ、英語版でも良かったんだけど、逆に店で売ってないんだよね。。
 
ほかのアンチウイルスソフトから乗り換えるなら、たしか2,000円弱で購入できるので非常にお買い得。
安いという意味では、なんか1,980円くらいのやつがあるけど、あんなんおもちゃだから。
 
……べつに広告料もらえるわけでもないしこの程度にしとこう。
Kasperskyは良いですよ、って話でした。
ほかに資料が見たい方は、過去ログ頑張って漁ってね、とww
 
 
 
「脳の解明」のレポート書く暇ねええええ。
明日は外出して、何時に帰宅するか分からんから明後日かなあ。。
あ、明日本屋行かなきゃ。
探したい本、読みたい本がいっぱいある。
でもなー……専門書って高いんだよなあorz
あ……金がねえ(汗 明日どうすんの俺ヽ(;´Д`)ノ
まあ……足りるかな……
 
 
カテゴリー: 日記 パーマリンク