CCくらい使いこなせよ……(;´・ω・)

 
 だいぶ前もCCについての記事を書いた覚えがある。そのとき
は友人からメールが送られてきたときに、明らかにCCの使い方
が間違っていたんだが。つまらないことと言えば、つまらないこ
となのかもしれない。しかしまあ、これも1つのマナーでしょ。
 
 CC(Carbon Copy)は宛先の1つで、「ある電子メールについ
て、その人に宛てたものではないが、関係者なので、その人に
もコピーを送っておく」といった場合に用いられる。もちろん、
ただ送信するだけなら、宛先フィールドに全員を入力すれば良い。
しかし、そうしてしまうと、受信した側からは、自分に宛てたもの
なのか、参考までに送られたメールなのかが分からない。ようは、
返信する必要があるのか、返信の必要がないのかが、分からない。
 
 そこで、こうした誤解を招く危険を回避して、メールのヘッダを
みただけで、参考用のコピーが送られてきたことを判断できる
ようにするために、CCが利用される。
 
 ちなみに、CCフィールドに関しては、RFC822に規定されており、
RFC822ではCCフィールドについて、"このフィールドはメッセージ
の副次的な(情報を求める)受取人の同定を内容とします。"という
風に規定されている。詳しくは、RFC822を参照。
 
 そんなわけで、CCをもっと活用しようと言いたい。CCをうまく活用
すれば、二度手間にならないですむ。それに、誰かが疑問に持つ
ことは、他者も疑問に持つことが多い。そういうときは、CCを利用
してくれると、やはり効率が良い。
 
 ホント……頼むわ……orz
 
カテゴリー: 日記 パーマリンク