二日酔いには柿・・? – カタラーゼの作用

 
—追記—
 
以下をまとめた記事があるので,そちらを参照してくださいな.
 
 
——
 
 
 
の続き、というか補足の話。
 
カタラーゼの薬理作用について調べていたら、
カタラーゼはアセトアルデヒドに対しては作用しないようだ。
 
 
つまり、アセトアルデヒドの代謝を促進させる・・
という書き方は語弊を含むものであり、ありていに言えば、誤りであると言える。
アルコールを摂取したとき、人の体の中では、2STEPで代謝される。
第一段階として、アルコールに対してアルコール脱水素酵素が働き、
代謝副産物であるアセトアルデヒドが生成される。
 
カタラーゼを摂取することは、この第一段階の反応を促進させる。
カタラーゼによって、過酸化水素を気質にして、アルコールをアセトアルデヒドに分解される。
 
したがって、アルコールの代謝は促進されるが、
そもそもの有害物質であるアセトアルデヒドの分解促進は為されないので、
二日酔いになった時点から摂取したとしても、ほとんど意味は為さないだろう。
 
と思ったけど、柿について調べていると、他にもいろいろと効果的な物質が含まれるようだ。
 
効果的な方法としては、やはり飲酒前、あるいは飲酒後(なるべく早めがベスト)に柿を食べることにより、
カタラーゼを摂取して、アルコールの分解を促進させることか。
また、柿にはタンニンが含まれるから、これによってアルコールの吸収を抑えてくれるし、
そのほかに、タンニンはアセトアルデヒドと結合して代謝を促進させるらしい。
 
調べれば調べるほど、やはり、悪酔い予防に柿ですな。
 
酒の前後に柿を食べておけば万事解決、二日酔い対策は万全!
 
さらには、桃も非常に良い。 
柿は、以上に書いたような効能があり、どちらかと言えば後方支援系の効能だが、
桃はばりばりオフェンスです。
 
桃には、ナイアシン(ビタミンB3)が豊富に含まれており、
アセトアルデヒドの代謝には、このナイアシンが必要不可欠。
二日酔いのもとであるアセトアルデヒド(他にも理由はあるが)をさっさと消し去るためにも、
代謝に必要なナイアシンを摂取することは大事。
というわけで、桃も食べると非常に良し。
 
他には、ピーナッツにも多く含まれるらしい。
なるほど、つまみでピーナッツを食べるというのは非常に合理的なようだ。
 
そういや、ピーナッツをつまみとして食べたときは・・悪酔いしない?(笑)
 
 
 
参考文献
 
 
カテゴリー: 薬理学 パーマリンク