アフラトキシンB1で日本人全滅?

 
 
これ読んでたら愕然とした……いろんな意味で.
なんていうか,アメリカ陰謀説並に適当なこと言ってるんじゃないかと.
 
もちろん,嘘か真か,自分でちゃんと調べるのが一番良いんだろうけど,
ちょいと……いまは調べ物をする余裕がない..
 
つーか・・みんな難しいこと書いてるけど,内容がおかしい部分が多い・・・
 
物質が溶解するのに融点関係ないだろ……
その理屈でいったら,NaClなんか融点800℃じゃなかったですか.
金属工学では融点のことを溶解温度って云ったりするから,
融解と溶解を混同しちゃってるんじゃないかなあ.
 
ちなみに,食品安全委員会の資料では,
水への溶解度は0.1 g/100 mLらしいけど.
 
んで,他にも食品関係者のブログなどをちょちょっと漁ってみると,
アフラトキシンB1が非常に毒性が強くて危ない物質だけど,
お酒みたいに何度も蒸留工程を経てたら絶対大丈夫って書いてある.
 
かといって……もうちょい理論的に書いてくれんと,
大丈夫と言われてもそれを信じる根拠に欠ける…….
 
けっきょくのところ,今回の件でアフラトキシンB1による健康被害は出得るのか?
マスメディアはつまらない主張や番組垂れ流す暇があったら,
そこらへん,偉い学者呼んできて検証番組くらい作ってくれよと思う.
カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク