「Outpost Firewall Free 2009 6.5.2724.381.0687.328」使ってみた

 「Online Armor Personal Firewall 3.5.0.14」が出てた

で言ったように,長らくOutpost ver.1.0だったのが,

 「Outpost Firewall Free 2009 6.5.2724.381.0687.328

ってのが出てた.
いつの間にか,Proバージョンから
機能を限定したものをフリー版としてリリースする
という形に切り替えたらしい.

そのおかげか,今までOutpostは有料バージョンしか
上位にランキングしてなかったのに,
今回のリークテストの結果では
フリーバージョンが上位ランクしている.

 Proactive Security Challenge Results and comments – matousec.com

昔はOutpost Proを使ってたんだけど,
いつしか使わなくなり久しい.
てなわけで,懐かしいので学校のパソコンに入れてみた.

使ってみた感想は,昔と操作性変わらないなーの一言.
昔は広告カット機能やら,フラッシュ阻止やら,
いろいろと機能付いてたんだけど,
Outpost 2009はそういう機能は排除したっぽい.

それにラーニングモードが前より賢くなってて,
比較的に,操作で迷うことはなくなったようだ.

HIPSに関しては,ComodoやOnline Armorのように高機能ではないけど,
逆に,細かい設定や処理が判断しかねる人の場合は
この程度の操作性のほうが誤操作を防げていいと思う.

例えば,ComodoやOnline Armorは非常に優れた
ファイアーウォールソフトだけど,
その性能をフルに発揮しようと思うと,
使用者にはある程度の知識が要求される.

わけも分からず,全部"Allow"してしまうくらいなら,
そもそも,その機能は無いのと同じ.

実際,Online Armorを使っていて,
ダイアログの意味が分からないからすべて許可……
なんていう,それを入れてる意味あるんですか
って人が世の中にはいるわけだから,
そういう人には,Outpostのほうが良いだろうと思う.

 アンチウイルスソフトの選び方

でも書いたけど,すべてにおいて高機能・高性能なのが,
万人にとっての最良ではない・・というわけで,
それぞれのスキル,目的に合ったものを選んだほうが良い.

非常に優れたHIPSを有するファイアーウォールソフトは,

特にフリーソフトに関しては,スキルを要求されるものが多い.

それで,何でも"許可"してむしろリスクを増大させてしまうよりは,
ZoneAlarmなんかの非常に分かりやすいものを使ったほうが良い.

また,有料のセキュリティソフトだって馬鹿にしてはいけない.
性能や機能に関しては,場合によっては,
フリーソフトにも劣る市販ソフトもある.
でも,有料のセキュリティソフトは何が優れているかって,
そのサービスや(すべてに関して)分かりやすいことにある.

例えば,昔と違って今では,Norton Internet Security(NIS)や
Kaspersky Internet Security(KIS)を使っていて,
いちいち設定を聞かれるなんてことは無い.
勝手に最適な設定が為されて,
強固なHIPSを自分のPCに構築できる.

まあ,いろいろな意味で,NISやKISは
普通に買う価値があるセキュリティソフトだけども.
(そういう意味では,例えとして悪かったかもなあ)

OutpostはZoneAlarmよりは聞いてくることが細かいので,
初心者向けというよりは中級者向けに部類されるんだろうけど,
うちの研究室では,今後,使用者のスキルに合わせて,

上級者:Online Armor or Outpost(Comodoは一部数値計算ソフトが動かないため除外)
中級者:Outpost
初心者:ZoneAlarm

を導入するようにすれば良いんじゃないだろうか.
まあ,研究室で戦地に赴くようなことをするやつはいないだろうから,
Online Armorみたいに細かい処理が要求されることは(本来は)無いんだけど.

関連:
[1] ファイアーウォールソフトの性能比較 2008年11月版
[2] ファイアーウォールソフトの性能比較 2008年9月版
[3] 2009年版セキュリティソフト各種批評
[4] HIPS(Host-based Intrusion Prevention System)とは
[5] アンチウイルスソフトの選び方

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク