裁判員制度って要らないんじゃね

耳かき事件の判決やら裁判員の記者会見やら関連記事を見て思ったんだけど,
合理的に考えれば,法律的には無期懲役の判決ってのは非常に妥当だとは思う.
でもね,こんなことなら裁判員制度なんて不要なんじゃないか.

あんまり真面目に長々と書く気は無いので,だいぶぶっきらぼうな書き方をするけど.
記者会見に関する記事を読んでて,裁判員は”自己陶酔”してるだけにしか思えない.

裁判員制度が導入された背景は,法曹界の考え方があまりにも一般と乖離していたから.
国民の司法参加により市民が持つ日常感覚や常識といったものを裁判に反映し,
ひいては裁判そのものに対する信頼の向上が目的だったはず.
なのに,裁判員が「被告のことを考えた」だの,「判例等を考慮し・・・」だの言ってる.

裁判ってのは第一義的に被告救済の場であって,被告の利益を最大限とするための場である.
しかし,だからこそ,裁判の結果というのが,司法関係者の考え方というのが,
一般市民や世論にとっては到底納得がいかない結果になってしまうわけで.
そして,それを何とかしようってことで裁判員制度を導入したのに.

なのに,その裁判員がどうこう頭を悩ませてどうするの?
永山基準やら何やらと考えてしまってどうするの?

極論を言えば,裁判員は難しいことなんて一切考えなくて良いんだよ.
そういうのは裁判官や司法関係者の仕事であって,
裁判員の仕事ってのは,一般市民が,法律のど素人が,
自分の良心と感情に基づいて判断することであり,それこそが大事なわけで.

どうせ,最終的な判断というのは裁判官に委ねられるのだから,
気取らずに自分の視点,自分自身の日常感覚や常識を信じて,
判断をして欲しいなあってすっごく思った.

逆に,それができないのであれば,裁判員制度なんて要らない.

広告
カテゴリー: 日記 パーマリンク