消費増税と財政再建に日本国債と長期金利

ひっさしぶりに日記を書く.
呟いてたらある程度満足しちゃって,がっつり何かを書こうと思わないんだよねえ..
しかも,呟く分には適当にだらだらとなので,手軽なわけだけど,
こうして書こうと思うと,ある程度まとまったことを書こうとするから,
リファレンス調べたりとか,話をまとめようとか考えちゃって,余計面倒になる..

まあ,それはさておいて,消費増税について思ったことを書こうと思う.
呟いて終わろうと思ってた内容なので,ほとんどまとまってないけど.

結論から言うと,経済学的に妥当かどうかは関係なくて,
このデフレ下で,消費が冷え込んでるときにさらに冷え込むことするのか,
とかそういう話ではなくて,格下げリスクがあるから,マーケットからの後押しで,
消費増税する以外にどうしようもなくなってるのが現状だと思う.
本当は,日本はかなり恵まれていて,他にもいろいろ選択肢はあるんだけど,
周りがもうこれしかないんじゃあああ,って押してくるからどうしようもない状況.

という話をダラダラとする.
ついでに円高を肯定する白川は意味が分からないって話と.
まあ,ついでと言いつつ,それも密接に関係してくるわけだが.

 消費増税は吉か凶か、財政健全化VS景気後退論 – Bloomberg

この記事の内容がわりかしすべてを物語っている.
デフレ,給与減,家計収入・支出減,消費が冷え込んでいるところに,
さらに消費を圧迫するような行為はどうなのか,そうなれば,
税収は増えるどころかマイナスとなり,経済損失を生むだけだろって話.
さらに,日本は経常黒字国なので,短期的な税収については
気にしなくても良いって考え方で,消費増税は良いことないし,
今すぐにやらなくても良いんだから,もっとタイミング考えろよという議論.

その一方で,よりマーケットに近い見方がこちらになるけども,
円高進行で産業の空洞化が進み,貿易赤字が定着すると考えられ,
結果,日本は経常赤字国に転落,経常黒字に胡座をかいていた
今までのようにはいかないだろうという見方もある.
国債格下げしたい連中も,そういったシチュエーションを想定していて,
国債の信頼が下がれば,当然利回りが上昇することになり,
国債の元利払いが歳入を上回る水準まで,金利上昇するのではという議論.

 日本国債の発行残高が国内総生産(GDP)の2倍に達するといった具体的な材料が金利上昇の局面で「傷に塩を塗る」感覚で増幅していく懸念があるという。つまり、「買い手が引く→国債価格下落/金利上昇→従来から抱える問題への意識が増大→買い手が引く」と間接的な懸念を巻き込む形で次第に金利が上昇していく可能性
     (金融市場は政治リスクを意識 – WSJより引用)

そして,マーケットが怖いのは,実際にそうかどうかではなくて,
参加者の予測で動くのがマーケットなので,
そうなるとみる向きが強まれば,そうなるってことにある.

実際に,消費増税法案の成立が危ぶまれたときに,長期金利は一気に上がった.

 市場、政局警戒続く 消費増税法案 あす成立 – 日本経済新聞

市場は消費増税法案成立を既に織り込んでいる.
逆に言えば,成立しなければ,大きな下振れリスクとなる.
そして,長期金利が上がれば,国債保有者が損失を出す.
その国債大量保有者というのは,言わずもがな,日本の銀行である.

特に長期ゾーンを中心に売り圧力が急速に高まれば、地銀を中心に金融機関への影響も大きく、関係者は動向を注視している。白川方明総裁は7月25日の参院特別委員会であらゆる年限の国債金利が一律に2%上昇すると、3月末時点で銀行が保有する債券の価格下落により受ける損失額が大手行で7.3兆円、地域銀行で6.0兆円、合計13.3兆円になるとの試算結果を示している。
     (アングル:増税廃案リスク浮上で政府・日銀も緊迫、長期金利に懸念 – Reutersより引用)

このような状況があるので,消費増税をしないわけにはいかない.

 (英FT特約)日本国債悲観論は少数派 世界3位の経済、まだ安全 – 日本経済新聞

もちろん,それでもまだ日本経済は比較的に良好だし,日本国債は安全資産とみられる.
だけども,リスクが問題視されれば,一気にその向きに動いてしまうのが金融市場.
最善の一手かどうか,経済学的に妥当な一手かどうかではなくて,
市場に望まれており,既に織込み済みであり,
これをしなければ悪影響が大きいと考えられるので,
通さない訳にはいかない・・・という状況.
妥当かどうかではなくて,けっきょくのところ,市場に押されて・・・って風にみえる.

さて,ここでだ.意味不明なのは白川だ.
国債の金利動向を踏まえた上で,金融政策を行なっているわけだ.
消費増税の話,金融緩和の話云々は.
でも,一方で,あの人は円高は良いって言ったわけだ.
自分の発言力も十分承知しているだろうに.
そもそも,日本は確固とした経常黒字国であり,その将来は安泰である,
というイメージを持たれ続けていれば,消費増税は必要ないんだよ.
じゃあ,経常黒字国というイメージが崩れてきた理由は何かって云うと,
けっきょくは為替,円高進行が問題になっている.「円高」が.
なのに,円高のメリット?どの口が言うんだ,アホか.
そのせいで,こいつら円高是正するつもりないぜひゃっはーーって思われて,
産業の空洞化とか貿易赤字とか気にもしてないぜひゃっはーーーってなって,
格下げリスクにつながり,金利上昇リスクに繋がってるんじゃないか.

結論:全部白川が悪い!!

カテゴリー: 日記 パーマリンク