ルドルフ・シュタイナー:いかにして高次の世界を認識するか

ルドルフ・シュタイナー:いかにして高次の世界を認識するか

残念ながら,僕のレベルではよく理解できなかった.
高度に哲学だなあと.論理的整合性はあるが,実証的妥当性に欠けるので,
論理的ではあるが,必ずしも合理的かどうか,と云う所で詰まる.
ただし,それは本書を否定する訳ではない.序文にもあるが,科学と反目するものではない.
仮にその様な言説があれば,それは誤った無知論証に過ぎないだろう.
しかし,一方で,合理的足らしめる思考をと考えた時,尤度という尺度の中で,
確率的に採択と棄却を繰り返し,合理性を得るならば,やはり,棄却され得る内容か.
美しいDesignを欲した時,自分の中に必要なパート足り得ないという思いの方が強い.

カテゴリー: パーマリンク