国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」は「中止すれば良い」という問題ではない

よく分からない像にフィーチャーする記事が多いが,個人的には天皇陛下の肖像画を燃やす『芸術作品』とやらの方が余程衝撃的だし,不愉快.ただ,じゃあ展示をやめればそれで良いかというと,そういう問題じゃないだろうと.論点がズレていって,結局主催者の都合の良い様に解釈されている嫌いがある.元々,「表現の不自由展・その後」というテーマで,そのコンテクストとして「組織的検閲や忖度によって表現の機会を奪われてしまった作品」を集め,どういう経緯で出展が取りやめられたか,どういった『問題作品か』という事を説明する企画なのだから,問題があるのは当たり前で,そこにフォーカスして議論が為されないと意味がない.単に「『やめろ』と言われたので『やめました』」」では,非常に悪意のある言い方をすれば,「敵を利する」だけだろう.
この件の問題点は,大きく2つあって,税金が活用されているが,公共性のある事業なのかという事.これは,主に愛知県や名古屋市の責任であって,今の名古屋市長の言動はむしろ無責任だと思うが(誰かの顔色をみて動いているだけにしかみえない),公共性を鑑みて支給する事が「表現/言論/思想の自由」を侵害する事になり得るかという話で,事前にきちんとその趣旨説明をして,公共性/公益性の観点から合理的妥当性が担保され得るか審査するべきだろう.誰かの利益にしかならないものに税金を投入する事は,公共の利益を個人で占有する事に他ならない.助成団体はその行為に責任を負うべきだし,特に公共性/公益性の高い組織に於いては,言うまでもない.それは,「表現/言論/思想の自由」を侵害する事になり得ないし,仮にそれが表現を規制し得る場合,その表現が「公共性/公益性が無い」と判断され得る事に他ならず,それはいわゆる「ヘイト」と同様で,規制されても仕方ないものだろう.「ヘイト」は社会的にみて,「表現/言論/思想の自由」によるベネフィットよりも,リスクの方が大きいからこそ規制され得るべきもので,それと等価的に判断され得るものに,税金が投入されるというのは,言うまでもなくあり得ない事だ.また,個人に対する「ヘイト」と,イデオロギーの問題は当然分けて考えるべきもので,仮に,今回の件がイデオロギーの問題として考えるものであった場合,その観点で云えば,特定の思想,言論(要はプロパガンダ)に対して公共の資金を投入する事はあり得ないので,愛知県や名古屋市長にこそ説明責任があり,また問題の再発防止策を徹底するべきだろう.今回の件は,一見するとその様にみえるが,後述する様に,どの様なコンテクストで展示されていたかが重要で,実際の展示をみていないし,趣旨としては必ずしもそう判断できるものではないので,その限りではないが.
二つ目の問題として,個人的にはこれの方が余程重要で,しかし目立った記事にはその様な趣旨の説明や言論がみられないので,その事の方が余程問題だなと思うのだが(アベマ?か何かのコメンテータとして喋っていた芸術系の人なんかはそういう旨の説明をされていて流石だなと思ったが),各作品がどの様なコンテクストで『表現』されていたのかという事.問題作品を集めて展示しているのだから,問題があるのは当たり前で,重要なのは,その問題を肯定したり,否定したりする事なく,公平である必要は必ずしも無いが,公正でなくてはいけない.つまり,問題を抱えている以上,何かしらの利害関係があってそこには対立があるからこそ,問題がある.そのため,作品自体が公平である事はあり得ない.しかし,その社会に於いて公共性,公益性が無ければ,税金が投入される事を肯定し得ない.したがって,そのコンテクストの中で,公正さは必要条件になる.実際の展示をみていないので,各作品に対して,どの様な説明が為されていたのか,どの様なコンテクストの中で表現されていたのか不明だが,仮にただ問題作品だけを集めて展示するだけでは,そこには問題しかなく,社会に対して害はあっても益は無い.しかし,どの様な背景があって,その様な「問題作品」が作られたのか,どの様な経緯でそれが規制されたのか,それをしっかりと説明する事で,有意味なものになり,公益性を満たす事になる.例えば,いわゆる「慰安婦少女像」について,その問題背景,朝日新聞の捏造に始まり,歴史的経緯から,日本側の主張と韓国側の主張,曖昧な部分は排して,それぞれの主張という明確な部分と,少なくとも日本国内で見つかっている明確なエビデンスに基づいた反証,あるいは韓国側にもそういうものがあるのであれば,それも紹介されれば望ましい(僕は韓国側の主張に関するエビデンスレベルの高いエビデンスを知らないので).これらのコンテクストの中で,その作品が『表現』されていれば,これは非常に有意味なものになる.天皇陛下の肖像画を燃やす様な『芸術作品』についても同様で,これ自体はただの醜悪で悪趣味で不愉快極まりないものに過ぎないが,きちんとしたコンテクストの中で紹介されれば,有意味なものになるだろう.今,多くの批判はコンテクストを無視して,表面だけをみて,短絡的に臭いものに蓋をしようとしているが,それでは主催者の趣旨をある意味で肯定するだけで,これが仮にプロパガンダであれば,「大成功」としか云えない.どの様なコンテクストで作品が紹介されているのか.主催者側の趣旨通りの企画展示が為されていたのか.あるいは,一つ一つの作品について,そのコンテクストに誤りはないか,公正さはあるのか.その結果として,この展示に公共性,公益性があるのか.
以上の事から,今回の件で,個人的に憤りを覚えるのは,愛知県や名古屋市に対してと,マスメディアに対してだ.愛知県は非常に受け身で,他人事の様に対応しているし,名古屋市に至っては,理屈も道理もなく,誰かの顔色を伺いながら,騒ぎ立てているだけ.名古屋市長の謝罪要求なんて,愚策も愚策で,馬鹿じゃないのか(本当に馬鹿じゃないのか.こうやって問題を歪曲する輩のせいで,本質的な解決ができなくなる).これでは,単なるイデオロギーの対立構造に成り下がり(実質的,実際的にどうかではなく,構造論的にそうなってしまう),問題の本質は解決し得ない.合理的観点から議論されなければ,公共性,公益性の観点から議論されなければ,展示の趣旨に賛同し,主催者側を肯定するだけだし,問題の解決にもならず,反省が得られない.マスメディアについては,ただセンセーショナルに煽るだけで,記事が売れればそれで良いと思っている.マスメディアの社会的責任,「国民の教養や判断力を啓蒙する基盤」としてのあり方が無い.作品がどの様なコンテクストの中で表現されていたか,何故その様なニュースの一つもないのか.「『意味不明な少女像』が展示されていた」という記事なんて,じゃあそれはどの様なコンテクストで展示(『表現』)されていたのか.それをきちんと言及しなければ意味がない.表面をなぞっただけ,適当に拾っただけの情報を垂れ流す記事が増えたが,「足を使えよ」と.足を使うっていうのはただ歩き回るんじゃなくて,1次情報をしっかり裏取りした上で,社会を啓蒙する立場としての責任をしっかりと自覚し,曖昧な情報を出さない為に,きちんと専門家の話を聞いて補足する(捏造するのではない)事だろう.「マスメディアが『社会を啓蒙する立場』である時代は終わった」という言説もあるが,未だ社会の情報効率性を鑑みたとき,マスメディアの役割は大きく,やはりマスメディアが『社会を啓蒙する立場』である事に変わりはないと考えるので,だからこそマスメディアの責務は大きく,遥かに重く,それ相応の立ち振る舞いをするべき.マスメディアは権力を監視し,社会を啓蒙する立場であると同時に,だからこそその責務は重く,権力や国民からもまた監視されている事を自覚して,しっかりと仕事をして欲しい.

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください